Carleton Hobbs 版ラジオドラマの Series 4 を聴き終えました

Carleton Hobbs 版ラジオドラマが BBC Radio 4 Extra で公開中です。

BBC Radio 4 Extra – Sherlock Holmes – Available now
https://www.bbc.co.uk/programmes/b01j9gzs/episodes/player

Series 3 までの感想はこちらです。
https://sh-topia.com/2021/05/08/bbc-radio-carleton-hobbs-series1/
https://sh-topia.com/2021/06/01/bbc-radio-carleton-hobbs-series2/
https://sh-topia.com/2021/06/26/bbc-radio-carleton-hobbs-series3/

Series 4 も聴き終えました。2倍速で 10 回聴きました。

収録作品は以下です。

1 - The Speckled Band
2 - Silver Blaze
3 - The Musgrave Ritual
4 - The Golden Pince-Nez
5 - The Missing Three-Quarter
6 - The Abbey Grange
7 - The Devil's Foot
8 - The Mazarin Stone

感想や気付いたことを簡単にメモしておきます。

"The Speckled Band"(まだらの紐)はお姉さんの「まだらの紐よ!」という言葉が印象的ですが、このラジオドラマではそれ以外に、"Stepfather, how could you be...?" などと言っています。"..." には so cruel などが入りそうです。「継父さま、なぜ・・・(そんな残酷なことをするのですか)?」みたいなニュアンスだと思います。「まだらの紐よ」よりもよっほどはっきりしたダイイング・メッセージであるところが面白かったです。

"The Abbey Grange"(アビー荘園)では、ホームズがメアリーに嘘をついていることを指摘すると、メアリーは "Mr Holmes!"(ホームズさん!)と言います。この言い方が妙に色っぽいです。そういえばグラナダ版の女優さんも美人だったことを思い出しました。

このラジオシリーズは、原作の短編集とはまったく違う構成になっています。普通に本で順々に読むのと違って、意外な組み合わせで聴くのはそれはそれで面白いです。小説を読むときも、あえてランダムな順番で読むのも面白いかも、という発見がありました。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <