[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 1×4

第1シリーズ第4話 "The Case of the Precious Cargo" を観ました。

主人公が中学生(?)なので学校が舞台となることが多いです。「学園探偵もの」ですね。

と思いきや、今回は話が大きくなってきました。

毎回「奇妙な人たち」が出てくるような気がします。癖の強い人や変な人です。ちょっとマンガっぽい安っぽさはあります。

シャーリーが子どもにしてはオシャレで、『エレメンタリー』のジョーンを思い出しました。

Apple の Siri のように、音声でパソコンを操作していました。本作は 20 年以上の前のドラマですが当時は画期的だったんでしょうか。

今回も、シャーリーは双眼鏡、録音機はもちろんペン型カメラなど、妙なガジェットを持っています。かけられた手錠も簡単に外してしまいます。立派な探偵です。

シャーリーはお母さんがいなくなっています。きっと今後、再会の展開がありそうです。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <