コナン・ドイルとスピリチュアリズム

コナン・ドイルについての解説を読むと、第一次世界大戦で息子を亡くしたのをきっかけにスピリチュアリズムの世界に傾倒していった、と書かれています。

僕はこれはコナン・ドイルだけが特殊だから、そうなったんだと思っていました。

しかしある YouTube 動画を見ていて分かったことですが、第一次世界大戦によって多くの人が人間の理性に対する信頼を失い、時代の流れとしてスピリチュアリズムのようなものが流行っていたようです。コナン・ドイルだけが特別ではないんですね。

コティングリー妖精事件 イギリス妖精写真の新事実 | 井村君江, 浜野志保 | 世界史 | Kindleストア | Amazon
https://amzn.to/3K94LF3

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <