カテゴリー: 書籍

[読書メモ]『詳注版 シャーロック・ホームズ全集6』

p17 人間は__少なくとも犯罪者は、こんにちでは、野心と独創性をすっかり失って

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (7)』

p25 たいへん美しい娘で、彼女に夢中になった若い者がときどき家のまわりをうろつ

[読書メモ]『シャーロック・ホームズの冒険』(河出書房新社単行本)

p32 ホームズが必ず成功を収めることに馴れてしまっていたわたしは、彼が失敗する

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (8)』

pp17-18 彼の地位というのが、そもそも型破りだ。それは独力で築きあげたもの

[読書メモ]『シャーロック・ホームズからの言葉』

p8 「ぼくほどよく勉強し、才能に恵まれていた者は、過去にも現在にもいない」 p

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (9)』

p15 正典中の 60 の物語の中では2つ__「マザリンの宝石」と「最後の挨拶」

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (10)』

p168 狂気は付きから地球に流れ込んでくる霊気によって起きると、かつては信じら

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (4)』

p18 『モリアーティを犯罪者よばわりすると、名誉毀損で訴えられる』おそれがあっ

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集3』

p12 この当時、専門職に従事している人は、現代の職業道徳の許す枠内でも、自分の

[読書メモ]『ストランド版 続シャーロック・ホームズの冒険』

p69 僕には他の人間が音を上げた事件でも解決できるという秘めた自信があったが、

Top