カテゴリー: 書籍

河出書房新社の単行本でホームズ物語を読了

私が河出書房新社のシャーロック・ホームズ全集の存在を知ったのは、読書会がきっかけ

[読書メモ]『シャーロック・ホームズの帰還』(河出書房新社単行本)

シャーロック・ホームズの帰還 (シャーロック・ホームズ全集) posted wi

[読書メモ]『バスカヴィル家の犬(河出書房新社・単行本)』

p87 とにかく次々と出現する目的不明の小さな謎の連続に、さらに、またひとつ謎が

[読書メモ]『詳注版 シャーロック・ホームズ全集6』

p17 人間は__少なくとも犯罪者は、こんにちでは、野心と独創性をすっかり失って

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (7)』

p25 たいへん美しい娘で、彼女に夢中になった若い者がときどき家のまわりをうろつ

[読書メモ]『シャーロック・ホームズの冒険』(河出書房新社単行本)

p32 ホームズが必ず成功を収めることに馴れてしまっていたわたしは、彼が失敗する

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (8)』

pp17-18 彼の地位というのが、そもそも型破りだ。それは独力で築きあげたもの

[読書メモ]『シャーロック・ホームズからの言葉』

p8 「ぼくほどよく勉強し、才能に恵まれていた者は、過去にも現在にもいない」 p

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (9)』

p15 正典中の 60 の物語の中では2つ__「マザリンの宝石」と「最後の挨拶」

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集 (10)』

p168 狂気は付きから地球に流れ込んでくる霊気によって起きると、かつては信じら

Top